動物病院設計のスペシャリスト = ACプラン = サイトマップ
Home サービス&ご提案 設計 ・ 監理 フォトギャラリー 事例集 コラム 出版 ・ 頒布
       Home > コラム > 工期から考えるリニューアル
工期≠ゥら考えるリニューアル
 工事タイプ別フローシート
           
工事中の診療(営業)
する しない
工区分け 工事エリア
する しない 全面改装 エリア限定
工 期 2〜3ヶ月 1.5〜2ヶ月 1ヶ月 5〜7日
タイプ 工区移動型 仮設移転型 完全休業型 短期休業型
 各タイプの特徴
  工区移動型 最も工事期間がかかりますが、ほとんど診療を休むことなく工事を進められます。工事中の騒音対策や工区移動時の煩雑さがあり、工事単価も全般的に高くなります。
  仮設移転型 仮設病院を事前に設置してからリニューアルをするケースです。敷地が広い場合、プレファブを一時的に建てることは考えられますが、都市部では困難な方法です
  完全休業型 工事期間中は病院を休業するケースです。全面改修を比較的短期間で行なうことはできますが、実際に1ヶ月以上休業できる場合のみ実現可能な方法です
  短期休業型 事前に準備期間を十分取った上で、昼夜を通した短期間の突貫工事を行ないます。X線室、入院室の移動は困難ですが、工区分けの場合より工事単価を抑えられます
リニューアル工事では、休業期間の設定という経営面への影響に配慮しながら、工事の進め方を検討します。

一般的には、数日から多くて10日程度しか休業できない場合が多いので、
「工区移動型「短期休業型」を採用するケースが多くなります。
〜 リニューアルについてのご相談 〜
リニューアルについてのご相談・ご質問などありましたら、下記までお問合せください
 「リニューアルご相談フォーム」にご記入のうえ送信してください
 0120−343−758(フリーダイヤル) <ACプラン設計相談室>   
〜 工事費について 〜
工事費の目安
工事費を抑えるには
不透明なバックマージン
〜 リニューアルについて 〜
リニューアル工事のポイント
工期から考えるリニューアル
リニューアル「Q&A」
プロフィール お問合せ このサイトについて
(C) A.C.plan. All rights reserved.