動物病院設計のスペシャリスト = ACプラン = サイトマップ
Home サービス&ご提案 設計 ・ 監理 フォトギャラリー 事例集 コラム 出版 ・ 頒布
       Home > コラム > 工事費を抑えるには
工事費を抑えるには
 コストバランスを考える
待合エリアのデザイン性と、診療部分の機能性を考えながらコストを配分します。
機能を優先する箇所は徹底的に合理化し、その分を待合エリアに振り向けます。
【ポイント】 待合はメンテナンス、コストパフォーマンスの優れた素材を使う
高価な素材に頼らないデザインで待合空間をつくる
診療エリアの仕上、ディテールはできる限り統一する
間仕切壁の配置は必要最低限にとどめる
 条件のいいテナントを選ぶ
テナント固有の様々な条件によって、工事費用は変動します。
賃貸条件だけでなく工事コスト面で有利なテナントを選ぶことも大切です。
【ポイント】 間仕切り壁、造作物などの撤去工事が少ない
照明器具、給湯器、流し台など再利用可能な設備機器が多い
給水、給湯、排水の配管接続箇所が多い
電気容量、水道口径、ガス管などのインフラ条件が整っている
 既存の内装条件を生かす
既存の内装条件を上手に生かせば、工事費を抑えることができます。
ただし、木造テナントの場合は注意すべきことがいくつかあります。
【ポイント】 既存の壁、天井のボード面をできるだけ利用する
エントランス扉は再利用できるプランが望ましい
天井内のふところが大きいテナントは換気等の配管が容易
木造は、過去の増改築、耐力壁、経年劣化、雨漏り、防音に注意
 既存設備条件(設備機器)を生かす
テナントの場合は、既存の設備条件を大きく変更することができません。
与条件を生かした無駄のない計画とディテールが求められます。
【ポイント】 排水接続可能な位置を中心に、水周りの配置を計画する
ライニング、壁ふかしにより床上げ範囲を最小限にする
便器、流し台、換気扇、エアコン、分電盤等を再利用する
既存配管スリーブ(外壁、梁)を有効利用できる機器配置にする
 別途購入品を利用する
工事業者を通すより、直接購入したほうが安い機器もあります。
開業後に追加できるものは、一旦工事から外しておくことも考えられます。
【ポイント】 エアコンは施主支給とし量販店等で購入する(配管は本工事)
一般的な家具寸法に合わせて、間仕切り壁を配置する
デザインにあわせた置き家具を購入し、造付け家具を減らす
鉛カーテンを使う場合は、医療機器業者から購入する
〜 工事費についてのご相談 〜
工事費についてのご相談・ご質問などありましたら、下記までお問合せください
 「工事費ご相談フォーム」にご記入のうえ送信してください
 0120−343−758(フリーダイヤル) <ACプラン設計相談室>   
〜 工事費について 〜
工事費の目安
工事費を抑えるには
不透明なバックマージン
〜 リニューアルについて 〜
リニューアル工事のポイント
工期から考えるリニューアル
リニューアル「Q&A」
プロフィール お問合せ このサイトについて
(C) A.C.plan. All rights reserved.